トップへ戻る






六尺道場への 入門受付は中止いたしました が、今までの内容をご覧いただくことはできます。

多くの方々から、六尺道場への入門のお問い合わせをいただき、真にありがとうございました。


このページには入門を受け付けるように書いてあるところがありますが、現在は受付を行っていません。


道場入門のご要望があるのですが、体調を崩しておりますので、 申し訳ありませんがお応えできません。






褌を締めたくても締められない方、六尺道場へ一日入門を。

祭神輿には、よじり締めで参加してみたいという方もどうぞ。


褌は私たちの心身を共にリラックスさせてくれる優れものです。日本の男なら褌です。



晒しを二重にして太く締めた六尺褌 ( 重ね締め ) です。 画像をクリックするとジャンプします。



お問い合わせやお便りは、 ここから メールください。



メール送信時のご注意


送信の際には、 マークを小文字で投入し直してから送信してください。また、迷惑メール

フィルターの設定がしてありますので、 迷惑メールと判定されたものは一括削除されます。


六尺道場への入門受付は、現在行っておりませんのでご承知おきください。


褌は日本の大切な伝統文化です。アダルト感覚や遊び半分 の方の入門は固くお断りいたします。





より締めの美しさをご覧ください。祭り褌に最適です。



六尺褌とよじり締めの同日習得は時間の関係でできません。それぞれの習得に一日はたっぷり掛かります。





折角のチャンスに、どちらも習得したいというご希望をお持ちの方は、必ず二日間の日程を確保してください。

六尺褌の習得だけのご入門でも、 ご希望により祭り褌にふさわしい、よじり締めの簡単な説明は受けられます。




当地では晒や褌は手に入りません。 入門の際は必ずご持参下さい。 褌の場合には長目をお持ちください。


六尺道場へ入門の際には、六尺褌を何本かご持参ください。 褌を持っていない方は、晒を一反買ってそのままお持ちください。

六尺道場では、はた目を気にせずに褌の締め方を身に付けていただくことができます。 日本男子の嗜みとしてお考えください。

六尺道場で学んでいただいても、 入門の情報が外部へ漏れることはありません。 安心してお越しください。 秘密は厳守です。

六尺褌を締めたくても締められない方、 近くに教えてくれる人がいないという方、 日本では恥ずかしという方はご検討ください。

六尺道場で学んでいただく基本は、六尺褌とよじり締めですが、時間があれば、 ご希望によって 廻しの説明 も受講できます。



これらの晒は高級品の範疇に属するものです。お値段は8〜9百円程します。





このページには入門を受け付けるように書いてありますが、現在受付けは行っておりませんのでご注意ください。


入門の際には、 晒か何本かの褌を必ずご持参ください。 こちらでは手に入りません 。

よじり締めを学びたい方は、晒しか十分な長さの褌が必要です。 必ずご持参ください。


褌の寸法が短いと、よじり締めの練習ができません。晒を一反買ってご持参いただくのが一番お勧めです。


六尺褌の締め方だけで、丸一日は掛かりますが、お一人で締められるようになります。





六尺道場は 海外 にあるため、日本人の目を気にすることなく、褌の締め方を学んでいただけます。





搭乗手続を待つ合間に眺めた空港の様子です。どんな旅になるのか心が弾みます。





タイへ飛ぶ飛行機です。





飛行機に乗る時は胸弾みますが、ちょっぴり不安ということもありますね。





あなたも胸踊る海外旅行へ出掛けてみませんか。そして、そのついでに六尺道場へお越しください。





出発前の機内の様子です。海外旅行の胸躍る時ですね。





タイ路線は結構人気がありますので、いつもほぼ満席です。





新しい飛行機には、各席に液晶の画面が付いており、いろいろ楽しめるようになっています。





私はまだビジネスクラスで搭乗したことはないのですが、エコノミーの機内食でも楽しみです。





日本から六尺道場へお越しの際は、天気が良ければ上空からマリン・ブルーの光景が眺められます。





六尺道場で学んでいただきますと、たった一日の入門で、褌が上手に締められるようになります。





海外旅行を楽しみながらフリーの日に、日本男子のたしなみである褌の締め方を身に付けてください。





バンコク市内の観光を楽しみながら、フリーの日に褌の締め方を身に付けてください。





海外旅行は幾つになっても胸踊りますね。ツアー旅行のついでに六尺道場へおいでください。





六尺道場で学んでいただいた後のお帰りは、格好よく褌を締めて機上の人となることができます。





飛行機のエンジンはロールスロイスでした。早く日本のメーカーのエンジンが使われるといいですね。





こういった光景が見えてきますと、間もなくバンコク国際空港へ到着となります。大きくカーブします。





新しく開港した バンコク国際空港 ( スワンナプーム ) です。タイ旅行のついでにお越しください。





バンコク国際空港のシンボルであるターミナルビルの特徴あるデザインです。





新しくできたバンコク国際空港の様子です。





2012年2月にタイから帰国する時に撮ったバンコク国際空港を機内から眺めたところです。





バンコク国際空港のターミナルビルの昼間の様子です。





ターミナルビルの到着ロビーの様子です。





夜のバンコク国際空港のターミナルビルのモチーフのデザインを内部から見たところです。





バンコク国際空港(スワンナプーム)のモチーフのデザインを朝早く眺めたところです。





この時は珍しく朝早くバンコク国際空港を発ち帰国しました。





バンコク国際空港のターミナルビルの内部の朝早い時の眺めです。朝早くても結構な搭乗客で賑わっていました。





駐車場から夜のバンコク国際空港(スワンナプーム)のターミナルビルへ向かうところです。





バンコク国際空港のターミナルビルの4番入口に到着しました。帰国する時はいつも深夜です。





2006年の開港時バンコク国際空港の旅客ターミナルビルは、世界最大だといわれています。





活気あふれるバンコク交際空港の内部です。





バンコク国際空港のターミナルビルの夜の様子です。





マネーチェンジやデューティーフリーのお店が並ぶ一角です。





世界の名のあるブランド店がずらりです。





バンコク国際空港の夜景です。





バンコク国際空港の動く歩道です。





搭乗口へ向かう途中です。





搭乗開始を待つところです。最新の空港だけあって、内部は広々としています。





バンコク国際空港の旅客ターミナルビルでは、珍しいモニュメントを見ることができます。





海を掻き混ぜて、そこからあらゆるものが創造されるというヒンドゥーの乳海攪拌のモニュメントです。





ヒンドゥーの乳海攪拌のモニュメントを正面から眺めたところです。





海を掻き混ぜて泡を作っているヒンドゥーの乳海攪拌神話のモニュメントです。





作られた泡の中からあらゆるものが創造されるという、ヒンドゥーの天地創造のモニュメントです。





この写真は、カンボジアのアンコール・ワットにある乳海攪拌のレリーフです。





これは乳海攪拌のレリーフの中央部分のビシュヌ神です。





この写真も、アンコール・ワットの乳海攪拌のレリーフです。



ヒンドゥー教における天地創造神話である乳海攪拌のモニュメントの数々を、ご覧いただきました。



他にも旅客ターミナルビルの内部には、タイらしい建物があります。





位置を変えて撮ったものです。





玉座もあります。開港の式典で使われたのでしょう。





空港開港に伴って、各地の道路に設置された空港への案内標識です。



案内板には、スワンナプーミーと書かれていますが、最後の の母音は発音しません。


新しくなった(2006.9.28)バンコク国際空港(スワンナプーム空港)の内部をご覧いただきました。


日本の男なら我が国に連綿として伝わってきた褌を、ご自身で締められるようになってください。


このページには、入門を受け付けるように書いてありますが、現在は受付けておりませんので、ご注意ください。


入門して学んでいただく内容は、ご希望に沿って設定いたします。 如何様にも対応できます。

六尺道場で学んでいただいた後は、 褌が自在に、しかも格好よく締められるようになります。

六尺道場は遠いですが、日本人の目を全く気にすることなく、学んでいただくことができます。

入門はお申込み単位に行われますので、知らない人とご一緒ということは絶対にありません。



お便りのメールは、 こちら から送信してください。



メール送信時のご注意


メール・アドレスの マークを必ず小文字に直してから送信してください。アドレス

をそのまま送信しますとエラーとなります。迷惑メールが多いのでご了承ください。



お仲間でいらっしゃる場合には、各人の褌の締め方のレベルが揃っていると好都合です。





海外旅行を楽しみながら六尺道場への入門の旅は、きっと思い出深いものになるでしょう。





あなたも褌が自在に締めることができるようになって、 日本人に生まれた喜びを味わってください。

褌の締め心地のよさは、締めて初めて分かるものです。褌を締めて、この快感を経験してください。




遠い日本から、わざわざ褌の締め方を学びにおいで下さった方の記録です。



上下の写真は六尺道場での講義を受ける前に、お一人で締めていただいたものです。






下の写真が、六尺道場で講習を受けた後のものです。 上の受講前の写真と比べてみてください。



いかがでしょうか。 基本を押えた締め方を習いますと、お一人で上手に締められるようになります。



たった一日の入門で、誰に見られても恥ずかしくない締め方を身に着けていただくことができます。




このページには、入門を受け付けるように書いてありますが、現在は受付けておりませんのでご注意ください。


道場主が六尺褌を締めて40年以上の経験を、 入門の皆様に全て直接お伝えいたします。

褌を締めた時の素晴らしい締め心地を、一人でも多くの日本人に知っていただきたいです。

きちっと締めた褌ほど気持ちのいいものはありません。 日本人なら是非経験してください。

ストレスの多さをお嘆きのあなた!褌でストレス発散をしませんか。たまらない開放感です。






上の写真が六尺道場での受講前で、下が受講後です。あなたも上手に締められるようになります。



褌を締めるなら、格好よく決めたいものですね。きちっと締めた褌は実に爽快です。




六尺道場で学んでいただいた後は、お一人で自在に、しかも格好良く締めていただけるようになります。



入門者の方には、終始誠実な態度で受講していただいたことを、心から感謝いたしております。



入門を受け付けるように書いてありますが、現在は受け付けておりませんので、ご注意ください。



どうしても納得のいく六尺褌が締められない方は、是非一度六尺道場の門を叩いてください。

六尺褌の締め心地ほど、気持ちのいいものはありません。他の物では絶対に味わえません。

そして事情が許すなら、ご家庭で褌一丁の生活をしてください。最高の開放感が得られます。


褌を自分一人で締められるようになって、 古来からの日本人の常識を身に付けてください。





お泊りのホテルが分かれば、お迎えも可能です。褌を締めるために少しの努力を傾けてください。

お出迎えは、バンコク市内に限らせていただきます。六尺道場はタイのバンコク郊外にあります。




このページには入門を受け付けるように書いてありますが、現在は受付けておりませんのでご注意ください。


道場へ入門していただいて、よじり締めの練習をしていただくには、 丸一日たっぷり掛かります。

よじり締めと六尺褌の締め方の同日習得は時間的に難しいです。それぞれ一日ずつ掛かります。

よじり締めと六尺褌の両方を習得したいとお考えの方は、 最低二日間の日程が必要となります。


六尺道場は熱帯の地にありますので、 いつでも褌一丁になって日焼けを楽しむことができます。



ただ褌の締め方の入門だけでは、日焼け までの時間は確保できません。ご承知おきください。





事情があって、 常用で褌を締められない方は、 週末だけでも褌を締めてみてください。 確実にリラックスできますよ。


あなたに与えられた環境の中で、 日本の伝統である褌を締めていってください。 きっと良かったと思えることでしょう。

至らぬものは形から入ると申します。 まずは褌を締めて、精神的に確固たる日本人になる第一歩を踏み出しましょう。


褌を締めなくなった今日の日本人をみていますと、 どこか軟弱になったとお感じになりませんか。

褌は日本人の心の故郷です。褌を締めることにより、高い精神性が得られます。お試しください。




昨今の男は日本人であっても褌の締め方も、締め心地も知らずに死んでいきます。残念なことです。





褌写真集の傑作である 『 渾遊 』 です。


資料映像


六尺道場へ入門時には、褌の名写真集 『 渾遊 』 を、実際に手にしてご覧いただくことができます。



『 渾遊 』 ≪褌の詩≫ 栗浜陽三写真集 第二書房 昭和48年9月30日第一刷発行



現在は六尺道場への入門受付は行っておりませんので、ご承知おきください。






小学館より黒猫褌で遊ぶ子供達の姿が掲載された本が発行され、 14〜18ページに載っています。


『 名作写真館 』 土門拳A こどもたち 路地裏に笑い声が響いた時代

小学館アーカイブス ベストライブラリー13巻 写真を楽しみ、写真を語る


貧しくともけなげに生きた当時の子供達の元気な姿を是非ご覧下さい。価格は580円と手ごろです。





写真家 土門拳の写真集 『 昭和のこども 』 には、この黒猫褌で海や川で遊ぶ子供た

ちが、 生き生きと写っています。 興味のある方は、 図書館ででも是非ご覧ください。


昭和のこども 』 土門拳著 小学館 2000年12月発行


黒猫褌の真髄は ここ をクリックしてご覧ください。



続けて ” 褌のKnow how ” をご覧下さい。