六尺道場ジャンプ指示






柄物褌の柄合わせでは、まずは褌を締める時の構造を知ることから始まります。



褌を締める時、前へ垂らす部分と、後ろへ回す部分の長さは、おおよそ 1対2の関係 にあります。



褌の1:2の公式 」 は、褌を締める時や柄合わせをする時に覚えておくと便利です。




褌を解いて、前へ垂らした部分と、後ろへ回した部分とで、” N ”の文字が描けます。



N ” 文字の中央寄りの縦の一辺が前垂れになり、 残りが後ろへ回る縦廻しと、横廻しになります。

N ” 文字を書き出す縦の一辺の真上からおよそ10cmの間に、気に入った柄がくるようにします。


白線 部分が前袋になりますので、ここへ自分の気に入った柄を持ってきて寸法を採ります。


必要寸法を取るためには、褌の長さに相当な余裕がなければできません。長めの柄褌を購入してください。





柄物褌を鯔背に締めるためには、柄のどこを前袋へ持ってくるかが重要になります。



同じ褌でも、前袋への柄の持っていき方で、感じが随分変わってきます。






右端のように柄のないところが、前袋にきてはいけません。柄と寸法によっては起こり得ます。







一本の褌でも柄合わせの違いにより別の褌のようになります。いかに柄合わせが大切かです。






人の顔の柄を生かすも殺すも、ひとえに褌の長さによります。寸法が短いと思うようになりません。







柄の気に入ったところを前袋に持ってくるためには、 六尺褌に相当な長い余裕が必要となります。

柄物褌を購入する場合は、できるだけ長い寸法のものを購入して柄合わせが出来るようにします。



引き続き ” 柄物褌入門 ” をご覧ください。