六尺道場ジャンプ指示






柄物褌は粋を旨として、鯔背に締めるものです。


柄物褌は、柄の最も目立つところを前袋へ持ってくるように締めます。ここがポイントです。


このため、褌の長さに余裕がないと気に入ったところを前袋に持ってくることができません。


柄を目立たせるために、柄物褌は半幅で締めるのがお勧めです。2/3幅でも構いません。


見ているだけですと気が付かないのですが、きちっと柄合わせを行った上で締めています。


柄物であっても市販品は柄合わせが考慮されていません。必ず長目を購入してください。


柄合わせができていませんと、折角の柄を活かして締めることができません。


柄合わせができていますので、自然に見ることができます。


柄の一番目立つところを前袋へ持ってくるようにするために、柄合わせの作業を行うのです。


そのためには長さに余裕がないと、気に入った柄の部分を前袋へ持ってきることができません。




褌を締める時の構造を知っておくことが、柄合わせをする時には大事なことです。


柄合わせにつきましては、 ここ をクリックしてご覧下さい。


柄合わせができていませんと、折角の柄物褌を活かして締めることができません。



寸法に余裕さえあれば、お好きなように柄合わせができます。


柄合わせを行ったうえで、自分の体型にあった寸法で褌を切断するのです。


柄物を購入する際は、必ず長さに余裕を持って買ってください。そうしないと柄合わせができません。


上の写真は寸法が足りず柄合わせができないために、折角の柄が逆さまになっている事例です。

柄合わせの出来ていない場合の拡大画像は、ここ をクリックしてご覧ください。



ここからの柄物褌は、柄が連続していますので、柄合わせの必要はありません。






柄合わせが必要か、そうでないのかの違いが、お分かりいただけたと思います。






柄合わせの必要がない柄の場合を、大きな画面でご覧下さい。




連続柄の場合には、柄合わせの必要はありませんので、寸法だけに留意して購入してください。






柄が連続している褌には、柄合わせの必要はありません。必要なのは長さだけです。






柄物褌を締める時のポイントが、お分かりいただけたでしょうか。


こういった連続した柄の場合には、必要な長さで購入すればいいのです。


市販されている柄物褌のほとんどが半幅です。 狭いとお感じの方は、ご自分で反物を購入して、お好みの幅に仕

立ててくさだい。浅草寺周辺には褌を売る店が何軒かあり、必要な寸法だけ切り売りしてくれるところもあります。


柄合わせを必要とする物は、 必要とする長さより2 、3尺 長めの寸法で購入してください。


注 : ここで言う尺とは、 鯨尺 のことですから、一尺は37.9cmです。


余分に購入する褌の寸法は、柄の配置によって変わってきます。 何尺必要になるかは

柄を見て判断するしかありませんが、高くなっても長めに購入することをお勧めします。





褌は粋で鯔背に締めたいものです。そんな男気にぴったりなのがこの柄物褌です。最

近はいろいろな柄が出回っていますので、お店や通信販売で選んで購入もできます。


市販の柄物褌には半幅が多いです。半幅は簡単で楽に締められるという利点があり、鯔背に締められます。



続けて 柄物褌道場 をご覧下さい。