六尺道場ジャンプ指示






極太締めは、よじり締めの中では最も太いものです。大相撲の横綱の感覚が味わえます。



よじり締めの中で最も太いものです。恰幅のいい方にお勧めします。








六尺褌を締めた時とは、全く違った締め心地が味わえます。







極太締めはその太さから、遠くから眺められても、褌の素晴らしさをアピールできる優れものです。





極太締めは締めた後からの細かい調整が出来ませんので、 最初からきちっと締めてください。

よじり締めを締めるのは、 最初はやはり難しいです。 まず細いよじり締めで練習してください。

あなたも裸祭りにきりりと締めたよじり締めで参加してみませんか。 素晴らしい締め心地です。




よじり締めの締める練習を最初から太いものですると難しくなります。細めの褌で練習をします。


よじり締めを締める時には、太くなればなるほど、 気合が入ってないと締められません。


日常生活の中で、気合を込めるということは、 現代の日本人にとっては、 非常に大事なことです。


よじり締めは日常生活の場には適した締め方ではありません。日常生活では普通に締めてください。



続けて よじり締めの締め方 1 をご覧下さい。