六尺道場ジャンプ指示






巻き終わりが左右対称になるように 褌を締め出す位置の決め方 についてご説明いたします。


褌を締める時、 晒のどこから締め出すか が、最も肝腎なところです。



左の写真は、3等分に折ったところを分かり易くするために ” ” の形にして写したものです。

褌を三等分に折り返して、たたんでおきます。しまっておく時も、このようにしておくと便利です。




最初の折り目を、臍の少し下へ持っていきます。



横から見るとこんな感じです。前垂れが1/3の方で、2/3の方が後ろへ回す方です。


上記の関係は、 ” 柄合わせ道場 ” で詳細に解説しています。 是非、ご覧ください。




この方法で締め出しますと、横廻しへの巻き終わりが、ほぼ左右対称となります。





横廻しへの巻き付けが左右対称にならなかった場合


上記の方法で対称にならなかった場合には 、 ずれた寸法を確認し、 一旦褌

を解いて、 ずれた寸法だけ初めの折り目から褌をずらして締め 、 対称にな

れば、次回締める時にその分だけ最初の折り目からずらして締め出します。


締める時の横廻しの位置、縦廻しの戻し具合、体躯の関係、それに前袋の締め具合などで、毎回微妙に変わってきます。


何本もの褌をお持ちの場合には、全ての褌の長さを揃えておくと締める時に便利です。



上の写真が、巻き終りが揃っている場合で、下が揃ってない場合です。縦廻しは必ず垂直です。



横廻しへの巻き付けが左右対称になっていないと、このような感じとなり見苦しくなります。





六尺褌の締め始めの位置の決め方には、人それぞれいろいろありますが、六尺道場では

上記のような方法をお勧めしています。 位置決めでお悩みの方は、一度お試しください。



もう一つの位置決め方法


こちらは褌に十分な長さのある場合の決め方です。柄物褌等で長さに余裕がない場合には適用できません。

十分な長さの褌で締め出します。そして横廻しに余りを巻き付けます。 ここで長さに余裕が

ありますので、巻き付けても余りが残っています。そこで左右均等になっているところで褌の

余りを切断します。 そしてその状態で、前袋の臍の下のところを確認して褌を解きます。次

締める時に、確認したところを前袋として臍の下へ持っていき、そこから締め始めるのです。



切断した面は波打った状態になっていますので、後でまっすぐに切っておきます。そのため少し余裕をもって切ります。





ご注意 毎回同じように締めているつもりでも、微妙に違っているものです。 ですから毎回一回で巻き終わりが左右

対称になるように締めることはなかなか難しいです。 やはり一度位置合わせを行ってから締めることをお勧めします。


褌をきちっと締めるのは手間が掛かりますが、便利になった現代にこそ、面倒なことも必要です。

何気ないことも、毎日のこととなりますと、脳の活性化にはいいのです。長寿社会には大切です。



続けて 六尺褌の締め方1 をご覧下さい。