家庭での六尺褌2 六尺道場ジャンプ指示






ご家庭でリラックスするためのアイテムは、半幅 ・ 2/3幅 ・ 黒猫 ・ モッコです。



2/3幅の毛斯地で締めた前垂れ褌です。ご家庭で締めるのは、打って付けのサイズです。



2/3幅の前垂れ褌からご覧ください。



前垂れ式六尺褌には、どことなく色気があります。リラックスしたい時のお勧めです。



2/3幅の 前垂れ式カラー褌 のいろいろは、ここをクリックしてご覧ください。






ご家庭でくつろぐ時は、何といっても前垂れ式褌です。 前垂れの長さ にご注目ください。



前垂れの長さが、少しずつ長くなっていきます。



あなたなら、どの長さがお気に入りですか。褌を締める時、前垂れの長さも重要な要素です。





前垂れ式褌を締めて座った時の状況もご覧下さい。



前垂れ式褌の場合、座った時の前垂れの長さにも気を配ってください。



座った時の前垂れの状況にも配意して、お好みの長さで締めてください。



前垂れの長さが座った時の見栄えにも関係するということが、おわかりいただけたと思います。





蒸し暑い日本の夏に前垂れ褌は、越中褌と共に最高のアイテムです。伝統の素晴らしさです。



前垂れは、少し短めの方が粋になります。



あなたの体型に合わせて前垂れの長さを決めますと、鯔背に締めることができます。





これらは2/3幅ですが、くつろぐ時は丁度いい幅です。



前垂れを短く締めますと粋になります。褌を締める時には、粋を旨としてください。



黒猫褌です。どなたにでも簡単に着用できます。



黒猫褌の真髄は ここ をクリックしてご覧下さい。


もっこ褌です。もっこ褌も形が出来上がっていますので、簡単に着用できます。






褌を締めますと、 精神的にもリラックスできますので、 ストレスの多い現代人には特にお勧めです。


半幅で六尺褌をゆるく締めますと、 ほとんど装着感がありません。 リラックスするにはお勧めです。

恰幅のいい方や、半幅では幅が狭いとお感じの方には、 2/3幅の褌で締めることをお勧めします。

昔懐かしい黒猫もゆるく締めますと、装着感がほとんどありません。 昔はこれで泳いだものでした。



写真家、 土門拳の写真集 『昭和のこども』 には、この黒猫で海や川で遊ぶ子供た

ちが、生き生きと写っています。興味のある方は、図書館ででも是非ご覧ください。


昭和のこども 土門拳著 小学館 2000年12月発行



モッコ褌は予め形状が出来上がっていますので、 またいで横廻しを縛るだけです。実に簡単に装着できます。


昔、参議院議員を勤め、作家でもあった今東光和尚は、このモッコ褌を使っていたと、プレーボーイ(当時若

者に人気のあった週刊誌) に自ら書いていました。 その後、 この読者との人生相談が3冊の単行本になり

出版されています。その中で、和尚が読者からの褌に関する幾つかの質問に答えているところがあります。


極道辻説法全三冊 今東光著 集英社 1977年 7月発行


現在は絶版の模様です。図書館でご覧ください。




褌を締めたままで用が足せるのでしょうか。





下の画像を見ながら、説明文をご覧いただくと分かり易いです。


まず前袋を左右のどちらかへずらし、股間のものを全部前袋から外へ出します。

次に、前袋を股間のものを出した反対側へ一杯に寄せます。

これで縦廻しに多少の余裕が生まれますので、縦廻しの尻の食い込みを外して横へずらします。

この状態で便器にしゃがむなり、腰を掛ければ褌を締めたまま用を足すことができます。

用を足したら、縦廻しを元へ戻し、前袋も元へ戻して、股間のものを再び納めて完了です。

小用の時は、前袋を少し横へずらして出せば用が足せます。済んだら前袋の形を整えます。





こんなことで、褌が元へ戻って汚れたりしないかとご心配になるかも知れませんが 大丈夫 です。

恰幅のいい方は、上記のようではやりくいかも知れません。ゆるめに締めてやってみてください。


褌を解いた時、肛門に当たる所が汚れていることがあります。用便後に奥まで拭くことにより多少防止できます。





褌は腰痛にも効果が期待できます。病院へ行く程でもないと言う場合に是非一度お試しください。



腰痛がある場合には、普通に六尺褌を締めてもある程度の効果は期待できますが、 両端の写真の様に、

横廻しを幾重にも巻いたり、内側の写真のように腹へきつく巻いて患部を冷やさないようにしても効果が期

待できます。腹巻のように巻く場合には、しっかり巻きませんと、 すぐに緩んできますのでご注意ください。


但し、無理をして治療開始時期を逸しないようにご注意ください。





褌を洗濯機で洗う時はネットへ入れてください。洗う褌の数が少ない場合には、そのまま洗っても問題ありません。


洗う時には大き目のネットを使ってください。新しい染物は他のものと一緒に洗わないで下さい。染まります。


ご家庭で気楽に褌を締めたい方は、思い切ってご家族の前で褌を締めることを宣言することです。

あなたも勇気を出してご家庭で締めてください。筆舌に尽くし難い開放感を味わうことができます。





褌はまさに不思議な布です。ストレスの多い現代を生きなければならない私達には重宝なものです。


暮らしの中で締める褌は ここ をクリックしてご覧ください。



続けて ” 六尺カラー褌 ” をご覧下さい。