六尺道場ジャンプ指示






日本の祝い事に欠かせない紅白で締めた、よじり締めの祝い褌です。






紅白の祝い褌 は、 の布地を縫い合わせ、必要なところでそれぞれの色が表面に出るようにして締めます。



この方法では、出したい色で隠したい色の方を包み込むのですが、白で隠した赤が多少透けて見えることがあります。


下の写真の内側の二枚がこの方法で締めているところです。紅白を縫い合わせるだけですので簡単です。




もう一つの方法


六尺褌の、ここは白、ここは赤、前袋は紅白というように寸法を測って、それぞれの色を繋ぎ

合わせる方法です。寸法を取るのが面倒ですが、紅白の色をきれいに出すことができます。


この六尺褌で、よじり締めで締めれば出来上がりです。 上の写真の両サイドが、 この方法で締めたものです。



紅白の祝い褌は、普通に締めた六尺褌では駄目です。よじり締めで締めてこそ、きれいな紅白が表面に現れます。




紅白の祝い褌 は、日本人の心にぴったりです。













紅白の祝い褌も、よじり締めで締めてこそ、このように紅白がまるで編んだ綱のように現れるのです。





褌を締めてこそ日本人です。褌を締めますと気力の充実が起こり、素晴らしい開放感が味わえます。



続けて ” オリジナル褌 ” をご覧下さい。