六尺道場ジャンプ指示






これが 豆絞り の褌です。水玉模様と呼びたいところですが、 豆絞り といいます。





この柄には祭りなどで見覚えがあると思います。



青の 豆絞り で締めた六尺褌をご覧ください。



昔の海や川では、子供や成人男子は晒で、お洒落な若者が赤褌や 豆絞り で締めたものです。







豆絞り は祭りの時の鉢巻等に使用されますから、ご覧になったことがあると思います。




豆絞り には赤もあります。



赤の豆絞りも祭りの時に使われていますからご存知ですね。





赤の 豆絞り は今も祭りの時の鉢巻き等として使われています。



赤の 豆絞り は、夏の海や川ではお似合いです。昔は年頃の若者がこれで褌を締めました。



ここでの写真はすべて全幅の 豆絞り で締めた六尺褌です。





褌で泳ぐ時は、途中で緩んで締め直しをしなくてもいいように、きつく締めます。



いつも若者はお洒落です。貧しかった昔の海や川では、これが精一杯のお洒落でした。



豆絞りで締める時の注意事項



豆絞りで締める場合には、上の写真のように豆絞りの柄が横へ流れないように注意してください。



上の写真では豆絞りの柄が横へ流れていません。豆絞りはこのように締めることをお勧めします。


戦後間もない貧しい時期を過ごした年代には、 こういったものは本当に懐かしいです。

物が無く苦しかった時代の方が精神的にはしゃきっとしていました。今日本の再生を!



続けて ” 半幅褌の真髄 ” をご覧下さい。