六尺道場ジャンプ指示






裸祭り用に締める廻しの締め方です。廻しを締める時は、介添え者と共に締めます。

四回目(最後)の巻

きに入ります。
最後の巻きに入ると

ころを、後ろから見

たところです。
後ろの状態です。こ

こで、縦みつの位置

の少し手前から八つ

折にしながら前へ回

します。
巻き終わりが丁度臍

の前にくるように、締

め始め位置を決めま

す。
最初は何回も締

め直しをして、締め出

す位置を探ります。
横廻しを縦みつへ通

す作業に入ります。

背中から手を下に入

れて、横廻しを八つ

折にして
縦廻しに引

っ掛け上へ抜きます。

横廻しを八つ折にし

て縦みつへ通し
、横

廻しと背中の間に抜

きます。
横回しを四つ折から

八つ折にしますので、

形状を整えて
廻しと

背中の間を通して上

へ抜くところです。
縦みつへ引っ掛けて

背中へ抜いたのを、

きつく締め上げます。

こういう時に介添え

がいると、しっか

り締めることができ

ます。
横廻しの四つ折から、

八つ折の部分の形

状に注意しながら


後の締めに入ります。

上へ抜いたのを、左

手で掴んでいるとこ

ろへ通します。
上へ締め上げたのを

最後の締めに入るた

め、下へ持ってきて横

廻しへ(左手で掴ん

でいたところ)通す準

備です。
廻しの端を横廻しへ

通して、反対側(右側)

へ抜きます。
横廻しに通した端を、

思いっきり締め上げ

ます。
廻しの端を写真のよ

うに右へ通し、きつく

締め上げ完成です。
廻しは4回巻きます。

6mの寸法だと、前

垂れはこんな位置に

なります。これは体

型によって変わって

きます。余分は膝辺

りで切断します。
締め終わったら、前

垂れの処理に入りま

す。前垂れの端を上

へ持ってきて、横廻

しに挟み込みます。
前垂れを横廻しに挟

み込んだら、形を整

えるため、一旦少し

上まで上げます。写

真は裸祭り用の締め

方です。
前垂れは、関取の場

合には写真のように

なります。若い衆は

前垂れを三角にして

横廻しに折込みます。

(黒廻しで)
廻しの締め終わりが

余り長いと垂れて見

苦しくなります。
巻き

終わりが腹の真ん中

に来るように締めると、

締め終わりが丁度ど

いい加減になります。

六尺褌が好きな男は、一度は廻しを締めたいものですね。 何か力士になったような気がします。

何回も締めて、廻しに自分の体型を覚えさせることです。 これによって随分締め易くなりますよ。

大相撲の前垂れの実際は、 祭り用の締め方とは異なりますので、
ここ をご覧になってください。





繰り返しご覧になりたい方は、 ” ここ ” をクリックしてください。

廻しを締める時 ” の事前準備は、 ここ をクリックしてください。



続けて ” 六尺褌の真髄 ” をご覧下さい。