六尺道場ジャンプ指示






裸祭り用廻しの締め方です。写真では介添え無しで締めていますが、廻しは二人で締めます。

祭り用廻しの締め方

をご説明します。ま

ず写真のような折り

目で締め始めます。

二つ折の袋側が左

です。
廻しを締める時は、

介添をしてくれる人

がいると好都合で

す。二つ折りにした

袋側が左に来る

うにします。
前袋を後ろへ持って

いきます。後ろの縦

みつは八つ折にしま

す。
廻しは固い素材

ですので、事前に形

を整えておくと締め

易いです。
八つ折にして縦廻し

とします。この時、

横廻しの袋側が下

になるように締めま

す。写真では前袋を

優しく包むようにな

っていません。
八つ折から四つ折に

戻してして、横廻し

として前へ回します。


この時、横廻しは四

つ折にした袋側が下


になるようにします。

前袋は上にしたまま、

横廻しを巻きます。

一巻き目です。前袋

は局部を包み込むよ

うに調整しながら締

めます。
後ろの状態です。こ

こで注意することは、

縦廻しをきちっと八

つ折にすることです。
縦廻しの位置に注意

しながら、順次横廻

しを巻いていきます。
前側の状態です。写

真では前袋の端を上

にしていますが、次

にこれを下へ垂らし

ます。
前袋の端を下へ垂ら

したところです。
下げた前垂れの上か

ら横廻しを巻いてい

きます。二巻き目で

す。
横廻しを順次巻いて

いきます。縦みつの

位置を崩さないよう

に注意します。
二巻き目の終わりで

す。
二巻き目の終わりを

前から見たところで

す。
三回目の巻きに入り

ます。若い衆は前垂

れを三角に折って必

ず横廻しに挟み込ま

なければなりません。

ここでは祭り用に締

めています。
三回目の巻きを後ろ

から見たところです。

前袋は局部を優しく

包むように形を作っ

てください。
三回目の巻きが終わ

ります。
四回目の巻きに入り

ます。廻しは通常四

回巻きです。


これが最後の巻きに

なります。



白い廻しの生地は大変堅いため、一度お湯に浸して糊を取ってから締めることをお勧めします。




本物の廻しは大変堅いです。洗うことにより柔らかくなります。勝負に賭ける相撲取りも白廻しでは、

付き人が廻しをお湯に浸けて、糊を取って柔らかくしてから締めます。 黒廻しはそのまま締めます。


柔らかいとすぐに相手の手が廻しに掛かってしまいます。ですから勝負に掛ける力士は絶対に廻しを洗いません。






力士が廻しを締める前にすることって、ご存知でしたか。


廻しを締める際、プロの力士は用便を済ませ肛門を洗浄した後で締めています。

そういう指導を受けていない一部のアマチュア力士の間では、 廻しを汚しその事

が相撲廻しに対する不潔なイメージとなっているようですが、実際には違います。

廻しを締める前には、 洗浄綿や濡れた紙等で肛門を綺麗にしてから締めます。


最近のトイレは、ウオッシュレット等の普及もあり、洗浄綿等を使う機会は減った

とは思いますが、力士は汚れない様な措置をしてから廻しを締めているのです。



廻しを締める時 ” の事前準備は、 ここ をクリックしてください。



私達は国技である相撲の廻しについても正しい認識を持つ必要がありますね。



続けて ” 祭り廻しの締め方2 ” をご覧下さい。