六尺道場ジャンプ指示






祭り廻しを締めるには、 事前の準備と予備知識 が必要です。




これが大相撲で使われる廻しの未使用の状態です。これを折って締められるようにします。





まず新しい廻しを 二つ折り にして、更にそれを 四つ折 にします。



二つ折りの時に、四つ折にした時の合わせ目が揃うように、少しずらして折ります。



あなたも褌一丁になって過ごす時の心の癒し効果を実際に体験してみてください。





暑い季節に褌一丁になってみませんか。素晴らしい開放感に浸ることができます。



大相撲で使われている 廻しの幅 です。晒しや毛斯地に比べますと、随分広いことがわかります。



下の写真の左側が前袋になる二つ折りで、 右が横廻しになる四つ折です。 四つ折の左側が

袋側で、横廻しの下側になるように、右の開いている方が横廻しの上になるように締めます。






廻しの生地は大変堅いため、折る時にはビール瓶などで擦りながら、折り目をつけていきます。




四つ折りにしているところですが、ビール瓶等を用いますと、手で折るよりきれいに仕上がります。



上の写真が二つ折で、下の写真が四つ折りです。ビール瓶で擦りながら折り目をつけていきます。






褌一丁になってやりますと、開放感一杯で、いいストレス解消になりますよ。 素晴らしい気分です。

精神的なストレスにお悩みの方、可能な範囲で結構ですから褌一丁になって過ごしてみませんか。



全体を一旦四つ折りにしますが、前袋は二つ折り、横廻しは四つ折りで、縦みつは八つ折りです。




折った後は30cmぐらいの寸法で折り曲げて巻き、紐で縛って重石を置き一晩放置し形をつけます。



ある程度の重さのある物を上に置いて、廻しに形の癖をつけます。






廻しに癖を付けるために、折り曲げた廻しを巻いて三か所ほど縛ります。



褌一丁になってやりますと実に爽快です。あなたもこの快感を是非味わってみてください。

45> 褌一丁で過ごすことができない方は、ズボンの下に褌を締めて過ごすだけでも違います。




巻いた廻しはこんなになり、重量も相当あります。下の左が袋と耳の合わせ側で、右が袋側です。



どっしりとした重みが感じられます。廻しは力士の命です。




廻しの最終部分を、最後の締めがし易いように、八つ折に縛って癖を付けているところです。


廻しは糊で非常に硬くなっていますので、一度洗って糊を落としてから締めるといいでしょう。

関取の白い廻しは固いので、必ず付人がお湯に浸けて、のりをとって柔らかくし

てから用います。若い衆の黒い廻しはそれほど固くないのでそのまま締めます。




下の左側の二枚の写真が横廻しの下になる袋側です。右側の二枚は耳と袋の合わせ面で、横廻しの上側になります。



廻しの袋側が横廻しの下へ来るようにして、折った袋と耳が折り重なった方が、上になるように横廻しを締めます。




左が横廻しの下側になる袋側で、右側が横廻しの上側になる合わせと袋側です。




横廻しの前垂れ部分をご覧になって、 袋側が横廻しの下側 にきていることをご確認下さい。




大相撲で実際に廻しが締められている写真から、袋側が下であることをご確認ください。




横廻しの上側です。 袋にしたのと耳の合わせ目が、横廻しの上へ来るように 締めます。




廻しを締め出す時、二つ折の袋側が左に来るようにします。



廻しを締め出す時は、端を顎へ挟んで締め出します。 下ろした時は、 膝か膝より少し上になります。


このページの作成にあたっては、高砂部屋様にご指導をしていただきました。有り難うございました。


高砂部屋様ホームページ





続けて 祭り廻しの締め方1 をご覧下さい。