六尺道場ジャンプ指示






普通 ( 前袋式 ) の六尺褌 を締めてみたいという方は、こちらをご覧ください。


三等分に折った晒で

す。三等分に折って

おきますと、褌を締

める時に大変便利で

す。


三等分に折った折り

目をヘソの下へ持っ

ていきます。

六尺褌の位置決

”のページを参照

してください。
三分の1の方を前へ

垂らし、その折り目

のところを、ヘソの

下へ持っていきます。

3分の2の長い方は

後ろへ回します。
後ろ側の様子です。

画面クリックすると

大画面になります。

他も同じです。

前へ垂らしたのを肩

へ掛け、長い方を前

へ回して前へ持って

きます。
後ろから持って来た

のを腰へ巻き、横廻

しとします。

横廻しを後ろへ回し

ます。画面をクリッ

クして大画面でご覧

ください。他も同じ

です。

縦みつを作ります。

縦みつが垂直にな

る手前まで横廻しを

少し戻します。
緩ま

ないように戻します。

横廻しを縦みつに引

っ掛け、垂直になるま

で引っ張ります。


っかりした締め心地

まで締め上げること

が大事です。

前から見た状態で

す。緩褌にならない

ように、しっかり締

めてください。
縦みつが垂直になる

まで引っ張ったのを

横みつへ仮留めしま

す。
前袋の幅の調整で

す。肩に掛けてあっ

たのを外して上へ引

っ張り、左右均等に

幅を狭めます。

幅の調整が済んだら、

皺を両隅へ寄せなが

下へ持っていきます。

前袋の中央に皺がな

いようにします。
前袋の幅の調整が

済んだところです。
前へ垂らしてあった

のを、前袋に重ねて

後ろへ回します。
前袋を後ろへ回した

ところの後ろ姿です。

緩まないように締め

ていきます。
横回しへ引っ掛けて

あったのを外す準備

です。ここからは、締

め終わりが左右対称

になるかどうかのチ

ェックです。
横廻しに引け掛けて

あったのを外しまし

た。画面をクリック

すると拡大画面なり

ます。他も同じです。

今まで持っていた端

を、それぞれ持ち替

えて、今までと反対

側へ引っ張ります。

持ち替えた手のまま

で、前袋から来た方

を真上へ持っていき

ます。
再び持ち変えて、左

に引っ張っていたの

を反対側へ移動しま

す。

これで真上へ持って

いった方を、上から

押える形になります。

後ろ縦みつで巻いて

いない場合
です。
これは縦みつで巻い

ている場合
です。す

でに一回巻き付けて

います。
後ろ縦みつで二回

目の巻き
を行って

いるところです。緩

まないように引っ張

りながら行います。
緩んでいないように、

しっかり引っ張りま

す。こちら側は縦み

つで巻いていない場

です。
縦みつで巻いた場

合です。
巻く巻かな 

いはお好みですが、

巻いた方がしっかり

締まります。
左右の長さのチェック

をします。揃っていれ

ば次のステップへ進

みます。
左右の端の寸法が

揃っていなかった場

合には
、締め直しを

して左右が揃うよう

にします。

褌を締める時に、どこから締め出したらいいのかの位置決めは、 ここ をご覧下さい。





前袋の幅は、六尺褌を締めた時に、格好よく見せるための重要な要素です。



前袋の幅が広すぎても、狭すぎても格好よくありません。あなたなら、どの幅がお好みですか。


横廻しの上下位置も、六尺褌を締める時には重要な要素となります。



褌を締める時に、横廻しをどの位置で締めるのが一番格好いいか、 上の写真で見極めてください。


上の写真の両端のような位置で六尺褌を締めるのは、褌に慣れてない学生達が締めた場合に多く見られるケースです。


六尺褌を締める時の横廻しの位置につきましては、 ここここ もご覧ください。






巻き終わりの位置はこれでもいいのですが、これだと前から見た時、巻き終わりが見えてしまいます。




巻き終わりがこの位置ですと、横廻しへの巻きの終わりが前から見えませんので、格好よくなります。


以上から横廻しへの巻き終わりは、 体の横の中心より少し後ろで終わるのが一番理想的な状態です。

ただし、 横廻しへの巻きは、最低3回巻きを確保してください。 2回巻きでは緩むことがあるからです。



続けて 六尺褌の締め方2 をご覧下さい。