六尺道場ジャンプ指示






ゆる過ぎず、きつ過ぎずの締め加減を、何回も締めることにより会得してください。

横廻しの巻きに入り
ます。まず緩んでな
いようにしっかり引
っ張ります。この時、
引っ張った側に、よ
じれがあってはいけ
ません。

巻きは上から肌の

側を通して下へと巻

いていきます。

画面をクリックする

と、大画面になりま

す。他も同じです。

左側の輪になってい

る方を下へ抜きます。
一回巻きました。し

っかり締めるため下

へ強く引っ張ります。
巻きを続けます。下

にあったのを上へ持

っていきます。

しっかり引っ張った

まま巻いていきます。
順次巻いていきま

す。下へ抜きます。

右側は仮止めです。
前に巻いたところと

重ならないように、綺

麗に巻いていきます。

鏡を見ながら巻くこ

とをお勧めします。

片側を巻き終わりま

した。慣れないうち

は、綺麗に巻けてい

るか、鏡を見て確認

します。
反対側の巻きに入る

ため、仮止めしてお

いたのを外す準備で

す。
仮止めを外して、緩

まないように引っ張

っているところです。
巻き出す前に上へし

っかり引っ張ります。

画面をクリックして、

大画面でご覧下さ

い。他も同じです。

肌の側から下へ通し

ます。輪になってい

るのを下へ抜きます。

下へ引き抜いたとこ

ろです。緩まないよ

うに、しっかり引っ張

っぱります。
順次巻いていきます。

通常三回巻き以上を

お勧めします。
二回

巻きでは緩むことが

あるからです。
輪を下へ抜きます。

前に巻いたのへ重な

らないように順次巻

いていきます。
抜いたら下へしっか

り引っ張ります。巻

きつけたら必ず強く

引っ張ってください。
今度は上へしっかり

引っ張って横みつへ

巻いていきます。こ

れが綺麗に巻くこつ

です。
一回巻く度に、しっ

かり引っ張ります。


のように、引っ張りな

がら形を整えていき

ます。
巻き終わったところ

の後ろ姿です。3回

〜4回巻いて体の

横の少し後ろで巻き

終わりになるぐらい

がお勧めです。
締め終わった前姿で

す。締め終わったら、

前袋の中へ両側から

親指を入れてそのま

ま上げて、陰茎と陰

嚢を上向きにします。

巻き終わった後ろ姿

ですが、縦みつでは巻

いていません。
縦みつ

で巻く巻かないは、お

好みです。拡大画面

でご覧下さい。

巻き終わった後ろ姿

です。縦みつで二回

巻いています。
巻い

た方が綺麗に見え

ます。拡大画面でど

うぞ。

格好良く締められま

したか。格好の良さ

はいつも大事です。

褌は鏡を見ながら締

めるのが、お勧めで

す。

横みつへの巻きは、

体の横より少し後ろ

で終るのがお勧めで

す。
そうすれば、前か

ら横廻しへの巻きが

見えないからです。

褌は日本の古来からの大切な文化・伝統です。そんな褌にあなたも挑戦してみませんか。



縦廻しを締める時の注意事項 #1



六尺褌を締めた時、縦廻しが上の写真のようになっている人がいますが、これでは見苦しいです。



六尺道場の締め方は一見面倒に思えるかも知れませんが、上の写真のようにならないようにするためです。



六尺褌を締める時、上の写真のように前から来た縦廻しを横廻しとして腰に巻いて、後ろの縦廻し

に引っ掛けたのを、そのまま横廻しに巻き付ける締め方に、 起因することが多いように思います。



縦廻しを締める時の注意事項 #2



縦廻しは上の写真のように締めるのがお勧めです。 六尺道場の締め方ですと必ずこうなります。

後ろの横廻しと縦廻しは、常に ” T ” の字形になっていることが肝要です。六尺褌の基本です。




締め終わった時、縦廻しは垂直でなければなりません。斜めのまま締めないようにご注意ください。


六尺褌を締めた時の縦廻しの状況は、 ここここ もご覧ください。


褌の締め方にはいろいろありますが、常に基本を押さえた締め方でなければなりません。


ここ をクリックして、六尺道場の六尺褌の締め方をご確認ください。


褌は格好よく に締めたいものです。祭りなどで人目に晒される時はなお更です。





褌を締めますと、その締め心地の良さに驚きます。 この素晴らしい締め心地を味わってみてください。

伝統の褌ですが、現代社会からは忘れられようとしています。褌を締めますとその奥深さに驚きます。

私達の祖先は、 このような褌をずっとして締めてきたのです。 この伝統を次世代に引き継ぎましょう。




日々褌を締めますと、 自然に格好よく締められるようになります。 褌も日々の精進が大切です。

その時、鏡を見ながら締めることをお勧めします。鏡を見ながら締めますと、格好よく締められます。





ストレスの多い現代社会を生き抜くために、褌を締めた生活にしますと溌剌とした日々になります。

褌を締めた時に特筆されることは、 気力の充実です。 褌を締めることにより元気が与えられます。


繰り返しご覧になりたい方は ” 六尺褌の締め方 1 ” をご覧下さい。



六尺褌を締めた時の効用は、締めた者の誰もが経験することです。あなたも経験してみてください。



暮らしの中で締める褌は ここ をクリックしてご覧ください。



続けて 前垂れ式褌の締め方1 をご覧下さい。