六尺道場ジャンプ指示






よじりがうまく決まらない場合には、逆によじって巻きつけてみてください。

よじりながら横廻し

として後ろへ回し、

縦みつへ引っ掛け、

引っ掛けた方を横

廻しへ仮止めしま

す。
横廻しは途中で逆に

よじる関係で、どうし

ても緩みます。腹の上

側から手前へ下に向

かって巻き、緩みを

直します。
前袋の幅の調整で

す。お好みの幅に

します。
前袋を作りながら後

ろへ廻し、前へ持っ

てきます。
前袋から後ろへ持っ

てきたところの状態

です。
前袋から来たのを、

均等によじります。

前袋から来た方を、

均等によじったとこ

ろです。
縦廻しを一回よじり

合わせたところです

が、股間の真下まで

よじり合わせていま

すので、写真ではよ

く見えません。
縦廻しの二回目の

巻きです。輪を作

った方へ抜きます。
巻いたら、下へしっ

かり引っ張ります。
下へ引っ張ったら、

今度は上へ引っ張

ります。このよう

にして形を整えて

いきます。
写真のように縦廻し

へ巻いていきます。

ただ巻き付けるので

はなく、よじりが綺麗

になるように巻いて

いきます。
巻いたら上へしっか

り引っ張ります。常

によじりが綺麗に決

まるように注意しま

す。
縦みつの巻き終わり

に近づきました。巻

きが綺麗に決まって

いるかチェックして、

まずければ手直しし

ます。
巻き終わりましたら

ので、横廻しに引っ

掛けてあった方を外

す準備です。
仮止めしてあったの

を、引っ張って外し

たところです。
右下へ引っ張ってい

たのを、上へもって

いきます。
ここで左右を持ち変

えて、上へ持ってい

った方を左へ移動し、

左へ引っ張っていた

方を右へ移動します。
ここで再度持ち替え

て、縦みつに巻いて

きた方を上にもって

いき、左に引っ張っ

ていた方で、上へも

っていった方を押え

る形にします。
上へ持っていった方

を、横廻しへ仮止め

します。
左へ引っ張っていた

方を、均等によじり

ます。
大体写真の長さ程度

をよじります。仮止め

してある方が緩まな

いように注意します。
よじった方を横廻し

へ巻きつけます輪

を作った方を下へ

抜きます。画面をク

リックして大画面で

ご確認ください。

巻きつけたら、一端

下へしっかり引っ張

ります。

半締め、並締めまでは、後ろ縦廻しは3回巻きがお勧めです。大関締め以上は2回巻きが限度です。




締め心地の良さこそが褌を締める醍醐味です。日本の伝統ならではの素晴らしさを味わってください。



続けて よじり締めの締め方 3 をご覧下さい。