六尺道場ジャンプ指示






布地を自分の好みの色や柄に染めて、あなただけの オリジナル褌 を作ってみませんか。



ガーゼ地を絞り染めで染めて、オリジナル褌に仕上げました。世界に一つしかない褌です。



晒やガーゼ地を絞り染で染めて、オリジナル褌に仕上げます。






晒を一度洗っておいて、柄を作るために前袋へくるところを糸で括ってから、色を決めて染めます。







これらは、すべて絞り染めで染めたものです。ですから柄は、円形とか帯状に限定されます。





このページの六尺褌は、総て手芸店などで売っている市販の染料を使って染めたものです。







市販の染料で染めた場合、市販の色物のような艶やかな色には染まりません。







縦廻しの一部が白く見えているのは、両端とも前袋にできるように、褌の両端に柄が染めてあるからです。

染料は派手な色目の方が染めた後、色が映えます。赤、青、それに黒などがお勧めです。







黄色で染めた場合、他の色と比べますと柄が余り目立ちません。ご承知おきください。





六尺褌を自分で染めて、世界にたった一つだけのオリジナル褌で締めますと、また乙なものです。




絞り染めは、写真のように晒を糸で括り、 染料が布に染み込まない部分を作って模様を作ります。

染め終わってから糸を解く時、どんな模様に仕上がったかと、とても楽しみです。ワクワクしますよ。


道場入門時には、ご希望により晒しへの括りが緩まないようにする縛り方をご指導いたします。

現在は六尺道場への入門受付は行っておりませんのでご承知おきください。




一番左側は色の固定を図る色留め剤です。右側の二つは簡単に染められる、黄色と黒色の家庭用染料です。



六尺褌を染める手順


前袋へ来るところを、好みの柄になるように糸で括ります。

染める前に素材になる晒を洗って湿らせておきます。

染料を鍋に入れて、水かお湯で溶かして、必要により塩を加えて加熱します。

括って湿らせておいた布地を染料の中へ入れます。

煮沸しない程度に暖めながら、染料の説明書にある時間、布地を染料に浸して攪拌します。

染めが終わったら括ったのを解いて洗って干します。他の物と一緒に洗いますと染まります。

必要により定着剤を使って、染めた色の定着をします。定着剤の説明書をお読みください。


以上で、あなただけのオリジナル褌の出来上がりです。





常時褌を締めていますと、締めていることを全く意識しない時があります。 昔はこうだったのでしょう。



続けて ” 高齢化社会と褌 ” をご覧下さい。