暮らしの中の褌 六尺道場ジャンプ指示






空の色をイメージさせる青色の褌です。今年の夏こそ褌一丁になって過ごしてみませんか。



褌一丁になって過ごすのは本当に気持ちがいいです。この夏あなたもどうですか。






褌の基本である晒しで締めたよじり締めからご覧ください。白が強い太陽光線に眩しく映えます。







海や川で泳ぐ時に締める褌以外にも、生活の中で締める褌一丁もあるのです。実に快適です。







あなたも褌一丁になって生活してみませんか。素晴らしい気分で毎日を過ごすことができます。





暑い季節に褌一丁での生活は、少し前の日本の男には至極当然のことでした。伝統の復活を。





褌一丁で暮らすのは本当に気持ちがいいです。日本の男ならいつかは経験して欲しいものです。





暑い季節には褌一丁で過ごすという、日本人には当り前のことが忘れ去られてしまいました。





好みの褌を締めてゆったり暮していますと、何ともいえない至福の時が静かに流れていきます。





いろいろなところで日本の大切な伝統が破壊されてきました。褌の伝統も例外ではありません。





夏の間だけでも気楽に褌一丁で過ごせるといいですね。褌を締める伝統が失われ大変残念です。





青い空に青い褌。暑い季節にはいい取り合わせです。眩しい太陽には原色の褌が似合います。







燦々と降り注ぐ太陽のもと、褌一丁で暮していますと心が癒されゆったりと過ごすことができます。





屋外での褌の締め心地は何ともいえない素晴らさがあります。締める度に男の胸が踊ります。







好みの褌を締めて、こんな風に褌一丁で過ごせたらいいなと思いませんか。男冥利に尽きます。





褌一丁の生活からは、現代では当たり前になった衣服の着用から解放された気分が味わえます。







真夏の太陽のもと、褌一丁で過ごすのは最高の気分です。忙しい現代人には特にお勧めです。





明るい色目使用の褌は夏の強い太陽光線に映えます。屋外で褌を締めると心がすっきりします。







褌一丁の自然体で夏の日を過ごせるといいのですが、今の日本ではなかなかそうもいきません。




家の中で締めた褌の数々をご覧ください。精神衛生上実にいいです。夏は褌!お勧めです。



家の中で締める褌も乙なものです。衣服を身に着けないという快感を体験して欲しいものです。







暑い季節には是非褌一丁での快感を味わって、ゆっくり過ごしてください。リラックスできますよ。









衣服をほとんど身に着けていないという感覚が、現代人には素晴らしい開放感をもたらします。









あなたも褌一丁で暮らす贅沢を味わってみませんか。 忙しい現代人には心の癒しになります。





今世はなかなか褌一丁で暮らすという訳にはいきませんが、 実際に暮してみますとお勧めですよ。

特にストレスの多い方は、 日常生活から離れた非日常の中に身を置いてみることをお勧めします。

それには褌を締めて生活するのが一番です。ストレスの解消になってあなたの心を癒してくれます。

褌を締めるということは、現代人にとっては忘れ去られたことの様ですが、 心の癒しになるのです。


褌一丁になって 廻しの事前準備 をしているところもご覧ください。





褌の横廻しが丁度丹田のところを圧迫します。丹田は古来より体を癒すツボとして知られています。

褌を締めて呼吸しますと、腹が出たりへっ込んだりで、丹田のツボをマッサージすることになります。


丹田呼吸法は、 ここ をクリックしてご覧ください。


褌は日本人が古来より伝えてきた伝統であり、我が国の文化です。大切に次世代へ伝えましょう。

六尺道場は褌文化の再興を願ってホームページの運営を続けています。 褌を締めてみましょう。





暑い季節における褌一丁の生活は、金の掛らない究極のクールビスへの智慧です。


暑い時に褌一丁で過ごすことは、省エネの最たるものです。褌の着用でエアコンの使用時間を減らしましょう。


日本は資源の乏しい国です。今一度伝統に学び、 ” 褌文化の再興 ” を図り、 省エネ社会を実現しましょう。

私たち日本人の祖先は、永い間、蒸し暑い夏をこのようにして乗り切ってきたのです。 伝統に学ぶ謙虚さを。

今日では、暑ければ即クーラーで冷やすという習慣により、低体温に悩まされている日本人が増えています。


現代の生活習慣を見直し昔から伝わってきた慣習や伝統で戻せるものは元に戻しましょう。



続けて ” 六尺道場へのご案内 ” をご覧下さい。