六尺道場ジャンプ指示






心を落ち着かせ、健康にいい丹田呼吸をしてみませんか。免疫力のアップに繋がります。


この時、褌は 横みつが必ず臍下の丹田 のところを通過するように締めることが肝要です。


丹田呼吸法のポイントは、息を吐くことです。

丹田を意識しながら、 息をゆっくり吐きます。

褌を緊褌に締めます。緩褌ではいけません。


注: 丹田とは、へそ下一、二寸のところにあるツボの一つです。


丹田に力がこもっていないと、丹田呼吸にはなりません。ご注意ください。




丹田呼吸法は古くから伝わっている健康法の一つで、現代にも通ずるものです。通常私たちは深呼吸に

慣れているため、息を吸うことが大事だと思いがちですが、丹田呼吸法は逆に息を吐くことが基本です。





息を吐いていく時に大事なことは、丹田を意識することです。 自然に息を吐いている時に、 息

を一端止めます。 この時に、僅かに丹田に力が入りますから、 これをしっかり締めた褌と腹で

感得します。 丹田に力が入っていないと丹田呼吸法にはなりません。 しかし力が入るといって

も、腹が堅くなっていては駄目なのです。 腹は柔らかいまま、力が入った状態です。これを褌

を締めた腹で会得します。 丹田に力を込めるという練習には、 これが最も優れた方法です 。


息を止めると、僅かに腹に力が入いりますから、その状態のまま、以後の呼吸を行うのです。


息を止めるのは吸っている時でもいいです。吸っている時に息を止め、そのままの状態で息を吐きます。




まず胡坐をかいて座ってください。正座でもいいです。お好きな姿勢でかまいません。

次に、自分が最もいいと思う姿勢をとります。そして僅かですが上体を前へ倒します。


注: この座り方は座禅とは関係ありません。


気持ちを落ち着かせ、鼻から自然に息を吸って、次に鼻からゆっくり吐いていきます 。

息を吐く時も息を吸う時も、全て腹で行います。 胸で行う呼吸になってはいけません。

吐く時間は、慣れてきたら20秒から25秒ぐらいを目安にします。始めはきついです。

息を吸う時間は、自然体で構いません。長く続けていますと自ずから決まってきます。

これを一回に20分〜30分程続けて行います。食後すぐは控えた方がよさそうです。


息を吸う時は 交感神経が優位 に、息を吐く時は 副交感神経が優位 になるといわれています。


吸う時はお腹を膨らませて、吐くときは意識してゆっくり少しずつ

吐くと副交感神経が働く時間が長くなりリラックスできるのです。


安保徹の病気にならない三大免疫力 P.49 安保徹 著 実業之日本社 2007年10月19日発行

 安保先生は2016年12月6日に逝去されました。合掌。


丹田呼吸法を日に数回行って、交感神経と副交感神経のバランスを保つことに配意してください。


自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが、免疫力の強化につながるといわれています。





息を吐いていきますと、お腹がへこんでいくのが分かります。この時、横隔膜が上がって

いき、 肺に残った空気を最小にして、 次の呼吸で空気の取入れを最大にするのです。




左側の写真が息を吐いているところで、右側の写真が腹で息を吸ったところです。



丹田呼吸で、吐いたり吸ったりした時の腹の状況を横から眺めたところです。


慣れない内の吐く時間は、ご自分に合った時間でかまいません。初めは無理をしないでください。


しっかり締めた褌の横みつにより、呼吸をする度に丹田をマッサージする効果が出てきます。

この時、緩褌ですと丹田マッサージの効果が期待できませんから、必ず きつく 締めてください。





緊褌一番、 臍下丹田に力を込める 等の諺も、褌を締めていますと、そのいわれが理解できます。



続けて ” 褌一丁での生活のお勧め ” をご覧下さい。