六尺道場ジャンプ指示






日本の男の心意気を示す六尺褌です。



きちっと締めた褌の締め心地は素晴らしいものです。日本の男なら一度は体験してみてください。




あなたの生活環境が許す範囲で、 ご家庭における 褌一丁での生活 に、チャレンジしてみてください。

褌一丁 になっても快適な季節が到来したら、 今年の夏こそ褌一丁での快感を味わってみてください。


日々の暮らしの中で締めた褌一丁の様子は ここ をクリックしてご覧ください。


六尺褌を締めた素晴らしさ を、白黒の対比でご覧ください。


半幅で締めた六尺褌です。



全幅で締めた六尺褌です。



重ね締めで締めた六尺褌です。



よじり締めで締めた六尺褌です。


褌は に締めたいものです。きちっと締めた褌の締め心地ほど素晴らしいものはありません。





日本人と褌


日本男子が褌を締めた姿は実に美しいものです。 これが体型の違う外国人であれば、そう

はいきません。褌とそれを締めた日本人の体型が、渾然一体となって調和していることをつ

くづくと思い知らされます。 日本男子に褌!将来に伝え残していきたいものの一つですね。





六尺道場は褌に真面目に取り組んでくださる方々が支えです 。 そして次代を担う

若い方々の挑戦に期待しています。 褌は特殊なものではなく、 我が国に連綿とし

て受け継がれてきた大切な伝統であるということが、 大事な点であると考えます。

昭和三十年頃までは、まだ褌が男性の下着や水着として使用されていたのです。






ですから褌を締めた時に、日本男子は血湧き肉躍るのです。裸祭りがそれを証明しています。


あなたも是非褌にチャレンジしてみてください。褌を締めた時の快感は、筆舌に尽くし難いものがあります。


日本人なら褌の締め心地を死ぬまでに一度でいいですから味わうべきです。 きっとその虜になるでしょう。

六尺道場よじり締めでは、
六尺褌の締め方 と共に よじり締めの締め方 も画像を多くして解説しています。

褌を見たこともない、締めたこともない方でも大丈夫です。写真を見ながらじっくり取り組んでみてください。


日本の男に ”” 。 この古きよき伝統に取り組むのが ” 六尺道場 ” です。


褌が実生活の場でかろうじて生きていた時代を知る者として、現代にそ

の一端をたとえ僅かでも伝えておくことは意義のあることだと考えます。


生活の中で褌が使われていた時代を知る者は、もう間もなくこの日本から姿を消します。残念ですが、これが現実です。

若い方々に褌を締めてもらい、今日まで伝えられてきた日本の伝統を、後々まで引き継いでいってもらいたいものです。



晒を二重にして、太く締めた六尺褌 ( 重ね締め ) です。よじり締めではありません。


六尺重ね締めの詳細は、 ここ をクリックしてご覧ください。





褌は昔は一人前の男の証でした。 ですから奉公人であれば一人前になると、 旦那さんから祝いとして褌をいただいた

ものでした。浮世絵等には、着物の後ろをからげて褌を締めた尻を丸出しにしている姿がありますが、あれは一人前の

男性であることをわざわざ見せているものです。 このような歴史をみても、 褌はまさに日本男子の嗜みだったのです。


現代社会では褌を締めることが何か特殊なことのように思われがちですが 、 そう

ではありません。日本男子は遠い昔から褌を締めてきたのです。それが昭和三十

年頃を境に、 こういった伝統が失われていってしまったのです。 残念なことです。


江戸っ子の心意気はどこまでも粋ということでした。浴衣を着た時に、背中に横廻しと縦廻しの交差部分の褌(みつ)の

膨らみがなかったならば、それは粋ではありませんでした。江戸っ子は浴衣を着るにも粋を旨として気を遣ったのです。


褌を締めたくても世間体を気にしているあなた! 思い切って褌を締めてみませんか。


褌には心を癒す効果があります。褌を締めてあなたもこの事実を実際に体験してみてください。


暮らしの中で締める褌につきましては ここ をクリックしてご覧ください。





伝統の褌を偏見の目で見るようになったのは極最近のことです。古きよき我が国の伝統を蔑むようなことは慎むべきです。





日焼けした肌に食い込む褌で、日本の男の逞しさをご覧ください。



古来より日本の男は暑い季節を褌一丁で暮らしてきました。






褌は下品でも野蛮なものでもありません。日本の男が今日まで伝えてきた伝統です。



肌に食い込む褌の快適さを、子々孫々までに伝えていきたいものです。






きりりと締めた褌からは、伝統の素晴らしさと日本の男の逞しさが感じられます。



男が最も格好よく見えるのが、褌一丁での姿です。昔の男はこうだったのです。



褌は日本の伝統ですから、左程日焼けしていない体にも似合います。



日本の男が褌一丁でいる凛々しさを、ご納得いただけましたでしょうか。





褌が日本の大切な伝統文化であるということにつきましては、 ” ここ ” もご覧ください。


明治維新の頃に、海外から招聘された技術者たちがまずびっくりしたことは、我々の祖先が往来で褌一丁で仕事をしていた

ことです。そこで時の政府に褌を禁止するような働き掛けも歴史の事実としてあったようです。しかしこれらは西洋人の価値

観を我が日本人に押し付けようとしたものであって、西洋人の身勝手という他はありません。我々は西洋人の価値感に惑わ

されることなく、我が国の伝統を尊重していくべきです。 こういったことが褌に対する偏見が生まれた嚆矢かも知れません。





しかし最大の障害は、あなたの心の内に潜む褌への偏見です。これを払拭する必要があります

昔は褌が当たり前のものでしたから、偏見などはどこにもありませんでした。これが褌本来の姿です。



六尺褌の前袋の形について



前袋は 逆三角形 になっていることが肝要です。 前袋の両側が平行であるのは、幅が少し狭いです。

前袋の幅も詰まるところ締める人の好みの問題ですが、格好よく粋に締めるためには、それなりの心遣いが必要です。




前袋の両端が平行になっています。 これではちょっと幅が狭いと考えますが、 締める方の好みです。

人目に触れない時は好みで締めればいいのですが、傍目に触れる時は見られても格好いいという締め方が大切です。


褌は一にも二にも、粋を旨として 締めてください。 褌を締める時の、心得のようなものです。





褌は日本の大切な文化・伝統です。日本の男なら褌です


とはいうものの、 実際に自分が褌を締めると周囲の人が知った時の反応は、やはり奇異

なる目が注がれるのが今日の日本の現状です。真に残念といわざるを得ませんが、主体

性を持って褌を締めていくしか方法はないと思います。 現代社会にあって褌を締めていく

ということは、ある意味で覚悟が必要なことです。伝統の否定は歴史の否定なのですが。


私たちは、日本というこの国の歴史と伝統を再評価し、そして誇りと自信を持ちましょう。

褌の歴史を冒涜するのも、日本の伝統を破壊する力が、働いているのかも知れません。

輝ける日本の歴史を冒涜し、自虐史観を植え付ける輩で満ちている、今日の日本です。





素晴らしい国 ” 我が日本 ” 。 そこで日本人はずっと褌を締めて暮らしてきたのです。


今の日本はどうでしょうか。大切な伝統が破壊されたのです。今ならまだ間に合います。



横廻しと縦廻しの交差は、 ” ” 字形になっていることが大切です。基本を押さえて締めましょう。


六尺褌を締めた時の縦廻しの状況は、 ここここ をご覧ください。





褌を締めますと、本当に気持ちがしゃきっとします。日本人ならこの気持ちを味わって欲しいです。


私たちはこの混迷した現代にこそ、 本来の日本人に立ち返る必要があります。 褌は日本人の心の古里です。

そんな思いを込めて、このホームページを運営しています。日本人に褌!我国の伝統のよさを見直しましょう。


褌を締めますと、 日々の生活が気力に満ちた溌剌としたものになります。是非一度お試しください。





褌を疎んじる人の殆どが、実際には褌を締めたことがない人達です。まずは褌を締めてみましょう。

そうすれば、古来から我が国に伝わってきた褌の素晴らしさが、 きっとおわかりになると思います。

褌をよさを是非味わってみてください。 実に奥が深いです。 きっと褌を締めてよかったと思えます。


日々の暮らしの中で締めた褌一丁の様子は ここ をクリックしてご覧ください。



褌をいつも締めていますと、腰のところに痕が残るようになりますが、これは日本男子の誉れです。



腰に褌を締めた痕があってこそ、私たちは日本人です。 日本人である誇りと勇気と気概を持ちましょう。

昔の日本男子の総ての腰には、このような褌による痕があったのです。これが日本人の本来の姿です。


痕が気になるようでしたら少しの間、褌を締めるのを止めていれば元へ戻ります。但しすぐには戻りません。ご承知ください。

トランクスのゴムによってもこのようになりますので、褌によってできた痕は戻らないという方が当たっているかもしれません。


褌を締めた時に尿道と褌の接するところが濡れてきますが、尿道に潤いを持たせる分泌液のためです。



それで尿道と褌が接するところに染みができるのです。興奮していなくてもなりますので後でしっかり洗うことです。




ズボンやパンツを 履く というのと混同して、褌を 履く という方がいますが、 褌は 締める と言います。



半幅 で締めた六尺褌です。








褌を締めた時の爽快感を、日本男児の皆様に味わって欲しいというのが、六尺道場の願いです。











全幅 で締めた六尺褌です。















全幅の晒を二重 ( 重ね締め ) にして太く締めた六尺褌です。








粋という言葉は褌のためにあるようなものです。きちっと締めた褌ほど、粋なものはありません。





六尺褌をいろいろな締め方でご覧いただいています。 六尺褌の美しさをご堪能いただけましたか 。

きちっと締めた褌ほど気持ちのいいのもはありません。日本人なら一度は褌を締めてみてください。


褌を締めても爽快感が得られなかったという場合は締め方が悪いからです。諦めずに何回も締め方を学んでください。





暑い季節には、褌一丁になって週末を過ごしてみてください。素晴らしい開放感が味わえますよ。

褌一丁で寒い季節は、 締める技を磨くにいい季節です。 毎日締めることにより上手になります。

褌一丁になっての様子は、 ここ をクリックしてご覧ください。


褌一丁になって暮らすことがストレス解消に繋がり、爽快さと精神の高揚の二つが味わえます。

暮らしの中で締める褌の様子は ここ をクリックしてご覧ください。



続けて ” 赤褌の真髄 ” をご覧下さい。