六尺道場ジャンプ指示







よじり締めは、素材をよじって締める裸祭りにふさわしい締め方です。



よじり締めは、晒や毛斯(モス)地を使って、よじりながら締める新しい感覚の六尺褌です。





太さで六尺褌の力強さをアッピールができる、よじり締めの 横綱締め をご覧下さい。





よじりの美しさの大きな画面は、 ここ をクリックしてご覧ください。





横綱締めは太く締めることができますので、恰幅のいい方の祭り褌にお勧めです。





よじり締めは、綱を撚ったように締めることができる新しい感覚の褌です。



横綱締め をご覧いただきました。よじり締めは、裸祭りでの男を引き立たせる優れものです。

よじり締めは、あくまでも祭り用でありまして、 通常は普通の褌を締めることをお勧めします。



横綱締めについて詳しくお知りになりたい方は、 ” 横綱締め入門 ” と ” 横綱締め道場 ” を併せてご覧下さい。



よじり締めの詳細につきましては、” 半締め入門 ” から ” 極太締め道場 ”までをご覧ください。



よじり締めの締め方は、 ここ をクリックしてください。



褌を締めてみようかどうか迷っていらっしゃる方、思い切って締めてみませんか

褌の素晴らしい締め心地を、あなたも是非味わってみてください。心身共にしゃきっとします。





日本人の生活の場から褌が消えようとしています。 褌を締めることは、日本の伝統文化の継承です。


と言いましても、褌がこの国から消え去るとは考えていません。それは褌が日本の伝統であり、私たちが日本人であるからで

す。伝統を重んじることは、いつの世にも大切なことです。今も細々とではありますが、生活の場でその伝統は生きています。

褌の締め心地は素晴らしいです。気持ちが引き締まり、健康にもいいのです。日本の伝統である褌を再評価したいものです。


褌を締めなくなった最近の日本人をみていますと、どこか軟弱になったとお感じになりませんか。 私た

ち日本人は、ここらで褌を締め直して何事にも当たる必要があります。 褌は日本人の心の古里です。






六尺褌を締めてみたい方は、 ” 六尺褌の締め方 1 ” をご覧ください。 誰にでも締められます。

褌のことなら ” 六尺道場よじり締め ” です。このサイトをご覧いただいたならば、あなたも褌通です。


現代では、 日本の男でも褌を締めることができなくなってしまいました。 歴史の断絶です。


あなたが日本の男なら、ビキニ・ブリーフ・トランクスは止めにして、褌を締めてみませんか。


褌を締めてこそ日本男児です。優れた機能としゃきっとする精神性を兼ね備えた褌を、民族の誇りとして締めましょう。


褌を締めますと、 本当に気持ちがいいですよ。 これは他のものでは味わえない感覚です。



六尺褌道場 ” は、 ここ をクリックしてご覧ください。




普通の六尺褌とは一味違う、よじり締めの華やかさと力強さをご覧ください。祭り褌にお勧めです。


よじり締めは最初難しいですが、何回も練習することにより、上手に締められるようになります。







よじり締めは、生地をよじって締める新しい感覚の褌です。裸神輿で締めるのに適しています。





よじり締めは祭神輿にふさわしい締め方ですので、太いものはご家庭向きではありません。


ご家庭でよじり締めを締めたい方は、まず半締めで締めてください。半締めで締めますと繊細なよじりとなります。






よじり締めの締め方は、 ここ をクリックしてください。


よじり締めの美しさと力強さを、横綱締めの大きな画面でご覧下さい。





伝統の六尺によじりを加えて締める ”よじり締め ” の素晴らしさをご覧ください。








生地をよじることにより、今までの六尺になかった豪華さを演出できます。裸祭りにどうぞ。





よじりを綺麗に決めるには熟練を要しますが、練習次第でどなたにでも締められるようになります。








よじり締めには太さがありますので、野外でも見栄えがします。裸祭り用のアイテムです。





ご自身の体型を勘案して、バランスの取れた太さのよじり締めをお選びください。





横綱締め で締めたよじり締めをご覧いただきました。






ここからは、 極太締め で締めたよじり締めです。





よじりを加えて締める ”よじり締め ” の醍醐味を、大画面でご覧ください。








極太締めは晒を五重にして締めます。今までの六尺になかった豪華さを演出できます。





よじり締めの詳細については、 ” 半締め入門 ” から ” 極太締め道場 ” までをご覧下さい。

よじり締めには幾つもの種類があります。 よじり締め一覧は ここ をクリックしてご覧下さい。



よじり締めの締め方は、 ここ をクリックしてください。






日本人であるということは、誇りを持って褌を締めて、 心身共にしゃきっとすることなのです。

褌を締めた時の快感は、言葉では言い尽くせません。あなたもこの快感を味わってください。


褌の締め方と、締め心地を知っていてこそ日本の男です。



続けて ” よじり締め一覧 1 ” をご覧下さい。